【働き方検定】働き方マスター,ワークスタイルコーディネーター認定試験,労働法務 働き方検定 働き方マスター試験 ワークスタイルコーディネーター認定試験 労働法務士認定試験 ストレスチェック検定

外国人材の受け入れの環境整備 -ワークスタイル用語集-


第3章 働き方改革実行計画

外国人材の受け入れの環境整備

グローバル競争においては、高度 IT 人材のように、高度な技術、知識等を持った外国人材(高度外国人材)のより積極的な受入れを図り、イノベーションの創出等を通じて我が国経済全体の生産性を向上させることが重要である。他方で、専門的・技術的分野とは評価されない分野の外国人材の受入れについては、ニーズの把握や経済的効果の検証だけでなく、日本人の雇用への影響、産業構造への影響、教育、社会保障等の社会的コスト、治安など幅広い観点から、国民的コンセンサスを踏まえつつ検討すべき問題である。

そこで、実行計画では、「外国人材の受け入れの環境整備」の今後の対応の方向性を次のように説明する。

専門的・技術的分野の外国人材については、我が国の経済社会の活性化に資することから、積極的に受け入れることが重要である。他方、専門的・技術的分野とは評価されない分野の外国人材の受入れについては、ニーズの把握や経済的効果の検証だけでなく、日本人の雇用への影響、産業構造への影響、教育、社会保障等の社会的コスト、治安など幅広い観点から、国民的コンセンサスを踏まえつつ検討を進める。

そして、次の具体的な施策を掲げる。

・外国人材受入れの在り方の検討

・外国人のための生活・就労環境の整備

・高度外国人材の更なる活用

・国家戦略特区の活用

・外国人介護福祉士の活用


【関連ワード】

協会TOP

働き方検定TOP

資料請求

全情協クオリファイドメンバー

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ