【働き方検定】働き方マスター,ワークスタイルコーディネーター認定試験,労働法務 働き方検定 働き方マスター試験 ワークスタイルコーディネーター認定試験 労働法務士認定試験 ストレスチェック検定

高齢者の就労にあたり重視すること -ワークスタイル重要資料集-


ワークスタイル重要資料集

高齢者の就労にあたり重視すること

「体力的に無理なく続けられる仕事であること(66.8%)」が最も多く、次いで「自分のペースで進められる仕事であること(48.3%)」、「勤務日や勤務時間を選べること(34.0%)」、「自分の能力を発揮できること(28.7%)」となった。また、性別に見てみると、男性では「自分の能力を発揮できること(37.0%)」が女性(21.4%)に比べて高い割合となっており、女性では「勤務日や勤務時間を選べること(40.0%)」が男性(27.3%)に比べて高い割合となっている。


協会TOP

働き方検定TOP

資料請求

全情協クオリファイドメンバー

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ